« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月23日 (月)

今日の夕日 雲

夕方の雲です。

Dscf2823_640

Dscf2824_640

本当に綺麗な雲でした

 


|

2008年6月17日 (火)

今年最初の山

来月のイベントのための下見で、森吉山に登りましたhappy01
朝からcloudの天気だったので、「これは、だめかなdespair」って言いながら行きましたdown
途中rainが降り出したりしてdown
10:00頃 駐車場に到着したときは、雨は止んでたので「合羽は用意してあるから、とりあえず行こう」ってことで、登り始めましたcloud
山で一番怖いのはthunderですcoldsweats02
鳴り出したら、すぐに引き返す予定で 登山開始ですhappy01

登りは、ゴンドラを使って頂上近くまで一気にあがれますからけっこう楽に行けますhappy01

このゴンドラは、今年はじめ 親会社が営業取りやめにするかもしれないということで、イベント開催が危ぶまれていましたsweat01

10:30 いよいよ出発ですup

Dscf2618_1030_2

Dscf2624

今回 同行の3人です。

Dscf2627

ゴンドラから、外の様子です mistでまるっきり見えませんwobbly

Dscf2631

10:50 頂上駅に到着しましたhappy01

ここから、1時間程度で山頂ですwink

Dscf2632_1050

Dscf2635_2641

11:10

Dscf2644_1110

11:20 途中の非難小屋 到着です。toiletはここだけですsweat01

Dscf2647_1120

この頃に 少しガスが少なくなり始めましたhappy01

eye 遠くに見える一番高いところが 山頂ですshine

実は、見えてるのになかなか到着しない山が一番つらいcoldsweats01

Dscf2652_65

途中、花を楽しみながらの 山道です。

12:00 頂上 到着scissors

Dscf2675_1200

ここで 昼食にしましたriceball

かなり、ガスも晴れて これから行くコースが見えてきましたeye

左側に見える 白い糸のように見えるところを通って、奥に見える小高い山の左側を超えて向こう側におりていきますsweat01

Dscf2678

12:40 頂上から 10分ぐらいで 雪が残ってるところを通過しましたcoldsweats01

すべり落ちたら、下のがけを転がっていくしかないdanger

慎重に一歩ずつおりていきますcoldsweats01

Dscf2686_1240

13:00 ここが 山頂から見えた湿原ですhappy01

今は、ミズバショウとミツバオウレンぐらいしか咲いてませんが、イベント開催日には山野草の花畑になりそうですhappy01

Dscf2695_1300

13:45

Dscf2729_1345_2

15:00

Dscf2762_1500

15:30 この辺は、ほとんど林の中で 見通しはあまりよくありませんbearing

見通しが悪いと、疲れも出てきて つらくなりますbearing

コースの見直しが必要かもしれませんcoldsweats01

Dscf2773_1530

Dscf2776_2

16:00 反対側の登山口に到着です。

Dscf2777_2

登山は、途中何度もいやになりますが、なぜかまた行きたくなりますcoldsweats01

|

2008年6月 5日 (木)

スイカズラ

近所のうちの(多分)「スイカズラ」が咲き出しましたconfident

近くを通ると、とってもいい匂いがしますconfident

Dscf0490_640_

咲いたときは、上の写真のように真っ白ですhappy01

咲いて、二日ぐらい経つと 黄色になりますhappy01

Dscf0492_640_

Dscf0497_640_

花の色が変化するので別名「金銀花」とも言いますhappy01

常緑樹ですが、冬になると 葉の色が茶色になって耐え忍んで冬を越すので、「忍冬」とも言われますthink

つぼみの色がこんなに赤いのは初めて見たので、はじめはわかりませんでした、多分「スイカズラ」で間違いないと思いますhappy01

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »